2022年学部系統別実就職率ランキング(福祉系)

2022年学部系統別実就職率ランキング(福祉系)

写真=関西福祉科学大学

健康に関する知識と技能を駆使し、福祉のこころを有した専門的職業人を育成

福祉系1位は実就職率99.2%の関西福祉科学大・健康福祉学部。「健康科学科」では、健康・安全・環境に関わる「トータルヘルス」の専門知識・技術を修得。養護教諭一種免許状や第一種衛生管理者資格を取得し、学校や企業、地域などさまざまな場で活躍できる健康のプロフェッショナルを育てる。「福祉栄養学科」では、栄養学と食品学の知識を学び、栄養指導の実践技術を修得。学生の進路や興味に応じ、臨床の場で活躍するための「臨床栄養コース」、産業の場で活躍するための「食品開発コース」、教育・福祉の場で活躍するための「栄養教諭食育コース」を用意している。

少人数での丁寧な教育体制で、総合的な社会福祉学と福祉実践の構築を学ぶ

2位は実就職率97.8%の岩手県立大・社会福祉学部。「社会福祉学科」では、個人に対する具体的な援助の手法と、個人を取り巻くコミュニティー、援助に必要な制度・政策の3つのアプローチからよりよい福祉のあり方を学ぶ。「人間福祉学科」では、発達的・心理的な問題を抱える人々への福祉のあり方を考察し、福祉的課題の発見と解決に応用的に取り組むことのできる人材を育成する。同学部は少人数制をとっており、学生の進路や適性に応じた履修指導も特徴だ。また、社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験受験資格に加え、人間福祉学科では保育士資格が取得できる。

3位は実就職率97.6%の群馬医療福祉大・社会福祉学部、4位は実就職率96.3%の神戸女子大・健康福祉学部、5位は実就職率96.2%の長野大・社会福祉学部が続いた。

人間力を磨き、社会に貢献するための心理と福祉の専門性を身につける

6位は実就職率96.2%の聖徳大・心理・福祉学部。「心理学科」は、「産業・社会心理」「危機管理」「心理支援」「教育・発達心理」「家族支援」の5専修を用意。スクールカウンセラーや学校教諭、一般企業などでの社員支援など、幅広い現場で活躍できる力を養う。また、国家資格である「公認心理師」取得にも対応している。「社会福祉学科」は、「社会福祉」「介護福祉」「養護教諭」の3コースを用意。社会福祉士(国家試験受験資格)や精神保健福祉士(国家試験受験資格)、養護教諭一種免許状、保育士などの各種資格取得に向け、国家試験・採用試験対策の支援も充実している。

<表の見方>

医科・歯科の単科大などを除く全国743大学に今春の就職状況を調査。555大学から得た回答(8月15日現在)を基に、系統別に学部実就職率上位校を掲載した。卒業生数が80人未満の小規模な学部、通信教育学部、2部・夜間主コースのみのデータは掲載していない。東京大などデータを未公表、または未集計の大学・学部は掲載していない。大阪公立大は統合前の大阪市立大と大阪府立大の実績を掲載した。
各系統は、主に学部名称により分類したため、学科構成や教育の内容が似ていても掲載していないものがある。例えば、法学科をもつ大学・学部でも学部名に「法」が付かない場合、法学系に掲載していないことがある。
実就職率(%)は、就職者数÷(卒業生数-大学院進学者数)×100で算出。大学院への進学者数が未集計の場合、実際の数値が掲載している値より高い場合がある。
文部科学省では、就職率を「就職希望者数に占める就職者の割合」で算出することを推奨しているため、各大学が公表している就職率と異なる場合がある。本誌では文部科学省が用いる「就職率」と区別するため、「実就職率」という表記を用いた。同率で順位が異なるのは、小数点2桁以下の差による。
大学名の※印は国立、◎印は私立、無印は公立を示す。大学・学部名は現在の名称で掲載している場合がある。所在地は大学本部の所在地で学部の所在地と異なることがある。

2022年学部系統別実就職率ランキング(福祉系)

<関連記事>
2022年学部系統別実就職率ランキング
 法学系
 経済系
 国際系
 商・経営系
 農学系
 家政・生活・栄養系
 看護・保健・医療系
 理工系